埼玉県中小企業・個人事業主支援金の受付が5月7日より始まります

新型コロナウイルス感染の影響を受けている埼玉県の中小企業・個人事業主の支援する、埼玉県中小企業・個人事業主支援金の受付が5月7日より始まります。

支給額
 20万円(県内の複数事業所を休業している場合は30万円)

要件(抜粋)
・埼玉県内に本社を有する中小企業又は個人事業主であること。
・令和2年4月8日から令和2年5月6日までの間に20日以上、埼玉県内の事業所を休業していること。
など

申請
電子申請で、5月7日より

詳細はこちら

国の持続化給付金が始まりました

国の持続化給付金が始まりました。
 中小法人  最大200万円
 個人事業者 最大100万円

まず、事業形態とメールアドレスを入力すると、仮登録メールがきます。
仮登録メールをクリックして、IDとパスワードを登録します。
マイページから、申請内容の入力・証憑のアップロードを行い申請をします。

右上の「資料ダウンロード」から、マニュアルや給付金計算してくれるEXCEL表がダウンロードできます。27日発表された速報版との差異もわかります。

こちらがサイトです。

自動車運転免許の更新について

埼玉県警察本部は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、運転免許証の有効期限が切れる前に申請があった場合は、運転免許証が引き続き有効なものとなるよう、有効期限の延長措置を行っています。

対象者  免許証の有効期間の末日が令和2年(2020年)3月13日~7月31日までの方

有効期限の前に、運転免許センターや警察署(鴻巣警察署を除く。)において延長手続をしていただ くことで、有効期限後であっても3か月間は運転が 可能になりますが、 延長後の期限までに、講習の受講や適性検査の受検 を含む、通常の更新手続を改めて受けていただく必要があります。

ただし、運転免許センター、再交付・国外運転免許センター及び県内の警察署における更新業務は、令和2年4月16日(木曜日)から休止しているため、郵送にて申請を行ってください。

埼玉県警察本部の詳細はこちら

在庫酒類の持ち帰り用販売等をしたい飲食店の方へ

 国税庁が、緊急事態措置などで飲食店の在庫酒類を持ち帰り用に販売する場合に、迅速な手続で期限付酒類小売業免許が付与する、との発表をしました。

申請期限  令和2年6月30日
免許期限  免許日から6ヶ月
販売対象  既存の在庫・既存の取引先からの仕入れ販売に限る
登録免許税 なし

国税庁の申請のポイントはこちら

ぜひ、ご連絡をください。