注目

新型コロナウイルス感染拡大予防について

 当事務所では、新型コロナウイルス感染拡大予防のため、当面以下の対策を実施しております。

  1. 事務所入り口に非接触体温計、アルコールスプレー、除菌シートを設置しています。
  2. 打ち合わせスペースに飛散防止パーティションを設置しています。
  3. 執務室・打ち合わせスペースでのマスク着用を行います。
  4. 体調不良の方の面談自粛を要請し、電話等での打ち合わせを行います。

 電話、line、Zoomなどリモートでのご相談を承っております。soudan@koyano.jpにメールにてご連絡ください。IDなど必要な情報をお送りいたします。

本日より、当面の間9:00〜17:00まで電話等でのリモート無料相談を受け付けます。

さいたま市の新型コロナウイルス関連情報は、こちら

緊急事態宣言が発出されます

 国は、令和3年7月30日、埼玉県を含む首都圏の3県及び大阪府を対象に、新型インフルエンザ等対策等別措置法(以下「法」という。)に基づく緊急事態宣言を発令しました。
 期間は、8月2日(月曜日)から8月31日(火曜日)となります。

詳細はこちら(埼玉県ホームページ 会議資料)

小谷野行政書士事務所では、従前お伝えしている方針通りに、活動してまいります。

ゆうちょ銀行関連の手数料等が改訂されます。

2022年1月17日より、ゆうちょ銀行関連の手数料等が改訂されます。

行政書士業務に特に影響が出るのが、定額小為替の手数料が、100円から200円になることです。戸籍謄本や住民票などを請求する際に使用する定額小為替の手数料が上がることで、お客様に請求する実費も上がります。

詳しくはこちら 各種既存サービスの料金新設・改定を見てください。

埼玉県外出自粛等関連事業者協力支援金について

2021年4月、5月、6月に実施されたまん延防止等重点措置等に伴い、飲食店の休業・時短営業や外出自粛等の影響を受けた事業者に対して、埼玉県外出自粛等関連事業者協力支援金を給付するとのことです。

対象事業者
2021年4月、5月、6月の月間売上が、2019年又は2020年の同月比で50%以上減少し、国の月次支援金を受給している県内の事業者※協力支援金は事業者単位

給付額等
 給付金額
 2021年4月、5月、6月のうち、2019年又は2020年の同月比で売上が50%以上減少した月の売上減少額から国の月次支援金を控除した額(算定は単月ごと)

給付上限額
 事業者の事業形態に応じて、以下の金額を上限に給付(月次支援金に上乗せ)
 中小法人等  5万円/月
 個人事業者等 2万5千円/月

詳細はこちら

月次支援金の事前確認を無料で行います。

 当事務所では、月次支援金の意義を考え、事前確認についてご依頼者様から直接報酬を得ることなく実施いたします。(※)

・一時支援金受給者は事前確認は不要です。
・特例の方の申請受付は6月30日からの予定です。
・2021年開業特例の場合は、当事務所では事前確認できません。(事務局のみとなり6月30日からの予定です)

申請は、4月/5月分は6月16日〜8月15日まで、6月分は7月1日〜8月31日まで。
詳細はこちら

まずは、以下のメールでご連絡ください。(メーラーが立ち上がります)
メールはこちら

当事務所の登録情報は、こちら

※後ほど月次支援金事務局から手数料を受け取ります。